未分類

人気目覚まし時計「intiSQUARE」を体験レポート!気になる疑問も徹底検証!

投稿日:

数ある光目覚まし時計の中でも今もっとも注目度の高まっている人気機種がintiSQUAREです。

あまりの注目度から品切れが続出した前機種の不満点が改良され、さらに利便性が高まっています。

こちらのページでは、実際にintiSQUAREを使用してわかったメリットやデメリット、目覚めの効果などを徹底検証していきます。

intiSQUAREi使用以前の目覚まし時計はこちら

管理人が光目覚まし時計を使用するまでに使用していた目覚まし時計は、以下の機種になります。

  • RAIDEN目覚まし時計クオーツ大音量ベル音NQ709P
  • MAG アナログ大音量目覚まし時計 ベルタンク
  • 現在使用中のiPhoneアラーム機能
  • 以前使用していたiPhoneアラーム機能

大音量目覚まし時計といえばセイコークロックのRAIDENシリーズは鉄板です。

SUPERRAIDENもありましたが、店頭で音を聴き比べてそれほど大差がないのでこちらを使用していました。

MAGの大音量目覚まし時計「ベルタンク」も知る人ぞ知る大音量目覚まし時計です。

某激安の殿堂量販店で15機種ほど聴き比べをし、もっともけたたましく鳴り響いていた機種がこちらです。

思わず店内の人が何かの警報が作動したのではないかとバタバタするほどの大音量で、個人的にはRAIDENシリーズよりも断然おすすめです。

そして、使用中iPhoneと旧iPhoneの2台。

合計4つの目覚まし時計を使用して何とか寝坊対策をしていました。

信じられないかもしれませんが、それでも目覚まし時計の音が聞こえずに寝過ごすことがしばしば。

intiSQUAREを購入する前に気になっていたこと

intiSQUAREは目覚まし時計としてはかなり高額な商品です。

経済力にゆとりのある方ではないので、購入前にはいくつか不安な気持ちがあったことは否めません。

intiSQUARE購入前に気になっていたポイント

  • 本当に光で起きることができるか?
  • 本体の大きさや重量、設置のしやすさなどの扱いやすさ
  • 操作性
  • 安全性や耐久性

やはり最大の懸念点は、あれだけの大音量でも起きれないほどの寝坊人間が光で実際に起きれるのか?という不安な気持ちです。

そんなある意味半信半疑な気持ちを抱えていましたが、全額返金保障制度もあるため奮発して購入しました。

intiSQUAREが到着

intiSQUAREの旧モデル「エナジーライトinti」は、人気商品につきいつも品薄状態。そのため、申し込みから商品の到着までにかなりのタイムラグがあったそう。その点が低評価の口コミにも多々上げられていました。

ですが、intiSQUAREに進化し、生産体制も強化されたのか、商品到着までの待ち時間はなくすぐに商品も届きました。

セット内容は以下5つ

  • intiSQUARE 本体
  • AC電源ケーブル
  • 取扱説明書(人生が変わる睡眠読本)
  • かんたん設定マニュアル
  • 睡眠日誌

他にもムーンムーン株式会社の他商品(睡眠サプリや安眠枕など)のチラシが数枚同封されていました。

人生が変わる睡眠読本には、質の高い睡眠を得るための専門的なアドバイスがいくつものっており非常に参考になります。

光目覚まし時計のメリットを考えるとき、つい朝の目覚めにばかりに注目しがちですが、大切なことは睡眠の質を改善することなのだと改めて気付かされる素晴らしい内容でした。

そして、A4サイズの睡眠日誌のテンプレートが1枚ついています。

睡眠日誌は、専門機関の不眠治療でも必ず取り入れられる認知行動療法の1つ。ぜひ、有効活用したいところです。

商品を実際にこの目で見て1番驚いた点が商品のサイズです。

写真を見ていだければ分かる通り、A4サイズの睡眠日誌の4分の1程度のサイズです。

机の上にあったCDROMやカロリーメイト(たまたまありました笑)と比較してもこの通り。


これだけの小さなサイズですから、持ち運びの手軽さや置き場所に困らないメリットと言ったメリットはあります。ですが、「本当にこれで起きれるの?」と不安を感じたことも正直な気持ちです。

intiSQUAREのセッティング

intiSQUAREを実際に寝室のベッド付近にセットします。

-寝室にセットした写真-

僕は、身体を右側に傾けて眠るクセがあるのでより光をダイレクトに浴びることができるように身体の右側にセッティングしています。

身体を正面に向けて眠れる方は、ヘッドボードに固定をしたり

-ヘッドボードに固定した写真-

地べたに直接布団を引いて眠る方は、100均などで購入できる稼働式iPhoneスタンドなどの利用して自作の簡易スタンドを作ることもおすすめです。(少しだけ昼寝をしたい、でも寝坊したくない時などこの方法を利用しています)

-簡易目覚まし時計スタンド-

このような配置の工夫は、サイズが小さいからこその利便性です。お気に入りのナイトテーブルがある方はそちらにおくのもいいですね。

寝相わるおさん
僕、寝相が悪いんだけど大丈夫?

光目覚まし時計に対して、このような不安を持つ方も少なくないと思います。

光目覚まし時計の光は、指向性が狭くできる限り顔の正面に光が届くようなセッティングをしたいところです。

-光の指向性 イラスト-

指向性が強いとは言え、intiSQUAREには最高20,000ルクスの通常にはない高い照度の光源が使われているため部屋全体が「ぼうっと」明るくなります。

-電気を消した部屋でinti起動の写真-

ですので、夏や天気の良い晴れの日にカーテンから差し込む自然光で自然と目が覚めるような方は特に問題なく使用できるかと思います。

「いやいや100%無理」と感じる方は、音目覚まし時計との併用、もっとお金をかけれる場合は、目覚まし機能付きのシーリングライトを併用すれば十分な明るさを確保することが可能になります。

実際にintiSQUAREの効果はどう?

正直、驚くほど効果がありました。

もちろん効果に個人差はあるとは分かっていますが、それでも言わせて下さい。

「光目覚まし時計で確実に目は覚めます」
-確実に目覚めて感動のイラスト-

僕の場合は、使い始めた初日から光のみで目を覚ますことができました。

前述の大音量アラーム×2、iPhoneアラーム×2を10分ずらしてセットし、すべてのアラームを作動する前に止めることができました。

光で起きたときの感覚を言葉にするのは難しいですが、まさに「起こされるではなく、起きれる」と言った感じで「自然に目が覚める」の言葉通りのイメージです。

本当に半信半疑でしたし、重度の寝坊グセがあったので、感動もありましたが、「えっ本当に起きれたんだけど、、、すげぇな、、、」という困惑の方が強かったです。(笑)

【使用しているからこそわかる】intiSQUAREのデメリット

デメリットというよりも個人的に感じた感想です。

  • デメリット1:光だけでも起きられる安心感はない
  • デメリット2:二度目対策は重要
  • デメリット3:家族も目覚めてしまうことも多い
  • デメリット4:電池のみでの使用ができない
  • 光目覚まし時計をもう半年以上使用していますが、相変わらず音目覚まし時計の大音量包囲網を解くことはできていません。

    ですが、半問間のうちで音がなる前に目が覚めなかったことも一度もありません。

    指定の時間に光が点灯したときに、必ず一度目を覚ますことができています。

    ですが、ここで「二度寝なんてしてらんねー!行動するぞー!」とか「二度寝、なにそれおいしいの?」など、二度寝に対する余裕感を感じることは僕の場合できませんでした。

    相変わらず、起きなきゃな、眠いな、もう一回寝たいな、そんな気持ちが消えることはなく、実際、休日に二度寝をしてしまうことも何度かあります。

    でもこれはあくまでも休日や何も予定がないときの話し。

    仕事のある平日や早起きをする必要があるイベントなどある程度の強制力が働くシーンでは、寝坊はもう考えられないなぁと感じます。

    光のあとには、大音量攻撃の包囲網も控えているので、寝坊してはいけない日の寝坊リスクはほぼゼロになったと実感しています。

    僕が感じた光目覚まし時計の効果はこのような感じなので、早起きに対する強制力はなく、何かの目的のために早起きがしたい方はintiSQUARE以外にも二度寝対策や意志力も必要かなと感じます。

    もう1点、intiSQUAREの光は購入前に想像しているよりも明るく、休日に早起きをしようとするときなどに妻が同時に起きてしまうことが何度もありました。

    そんなときは、光で目が覚めた瞬間に布団の中にintiSQUAREを入れ布団の中で光を浴びる、intiSQUAREを持ってさっさと寝室をでるなどして対策(?)をしたりしています。

    自分は起きて活動をしたいけど、家族には寝ててもらいたい(自分ひとりの時間が欲しい)という方も少なくないと思いますので、このような場面でも持ち運びがしやすいメリットが際立ちます。

    intiSQUAREはAC接続のみの使用で電池が使えないので、いちいちケーブルを変えるのは正直めんどくさいです。

    【結論】本当に深く悩んでいるならintiSQUAREを買うべき

    実際にintiSQUAREを使ってみて、ステマでも何でもなく本心からこのように思います。

    二度と寝坊したくない、自分で起きれるようになりたい、朝の苦手意識をなくしたい、このように考えている方はぜひintiSQUAREを試してみて下さい。

    目覚まし時計としては、やはり破格の金額です。

    ですが、そうそう壊れるものでもないですし、長い目でみれば1日数十円、最良の投資だと今はっきり実感しています。

    全額返金保証が受けられる3ヶ月間の間に充分効果のほどは体感できますし、メリットを感じることができると思います。

    intiSQUAREを有効活用して、ぜひあなたも寝坊に怯えない日々に分かれを告げてください。

    -未分類

    Copyright© 【寝坊常習犯必見!】2度寝対策におすすめの光目覚まし時計比較! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.